岩内沖のスケソウ鱈延縄漁は、明治30年代に岩内沖でスケソウ鱈群生息場を発見してから始まりました。
岩内は北海道において「スケソウ鱈漁発祥の地」と言われており、スケソウ鱈漁では最も古い歴史を持っているのです。
その長年の経験と技術に基き岩内の甘口釣たらこは作られております。
岩内沖に生息するスケソウ鱈は延縄漁法によって釣り揚げられます。
延縄漁法とは、幹縄に釣り針をつけられた枝縄を等間隔に吊り下げ、一尾一尾丁寧にスケソウ鱈を釣り揚げる漁法です。
一尾一尾釣り揚げるため魚体が傷つきにくく、もちろん卵にも傷がつきにくいため、成熟な卵による良質な甘口釣りたらこができるのです。

早朝に出港し延縄漁法によって釣り揚げられたスケソウ鱈は夕方に岩内市場に水揚げされます。
その新鮮なスケソウ鱈をセリ落した後直ぐに卵を出し、その日のうちに加工してしまいます。
ですから、たらこ鮮度が抜群で、また長年の経験に基きできるだけ塩分を少なくして作られておりますので甘口です。

以上のように大津商店の「前浜甘口釣たら子」は、長い歴史による経験と技術、そしてなにより抜群の鮮度によって甘口で粒子がしっかりしている最高級のたらこが出来上がるのです。
また味・品質の良さから「岩内産甘口釣たらこ」は、他の産地の追随をゆるさないブランド品となっております。
どうぞ岩内沖で釣れたスケソウ鱈を使って作られた最高級の大津商店前浜甘口釣たら子」を一度御賞味ください。

 


メール:daiki

Copyright(C) 2003-2006 daiki-ootusyouten